フローリングを選ぶ~フローリングでフロアを素敵に~

男性

敷き方

内観

コルクマットはタイル、つまりパズルのようにあわせて床に広げて敷いていきます。だから誰でも簡単に敷き詰めていくことができますね!でも壁際までビッシリと隙間なく敷きたい!この様に思う人は多いと思います。当然コルクマットの端は、左右に合わせるためにパズルの様になっているので、必ず隙間が出来てしまうのです。これをなんとかしなければ、隙間は無くなりません。それに部屋のサイズがわかっていなければ枚数もわかりませんよね。どれぐらいのサイズを買えば大丈夫なのか予め部屋の寸法を測っておけば、多めに買ってしまうことも足りないということにもなりません。でもなかなかピッタリの寸法にならないのでやっぱり壁際はコルクマットを加工しなければなりません。コルクマットを半分に切ってしまえば、問題なく敷いていけると思います。半分でまだ大きいのであれば、少し勿体無いですが削ってしまえば問題ありません。出っ張った柱の部分でも、途中にある柱でも簡単に加工できるので、ピッタリ合わせることができます。カーペットや絨毯ではなかなか出来ないことでも簡単に出来てしまいますね!ちょっとでもフローリング床が見えて気になるのであれば加工してみてはどうでしょうか。カーペットや、マットの大きさをは把握して、敷くことが大切です。どうしても余ってしまようだと、マットやカーペットに隙間がでてしまうため気をつけましょう。どのような方法でマットを敷くといいか把握しましょう。